おすすめ日本酒・焼酎を一人語りするブログ

酒好きアラフォーのおっさんが肝臓を犠牲にして書いてるリアルなレビューサイトです。

樽ハイ倶楽部のレビュー 求めたのは平凡=安心感の缶チューハイ?

f:id:sakeganomitai:20200407124733j:plain

樽ハイ倶楽部を飲んだのでレビューします。

スーパーで見かけたので買ってみました。

果汁量など、スペックで目立ったところは見当たりませんが、新発売で、しかもアサヒの商品なのでハズレはないだろうと思いましたが、

ん?まったくひねりがない。平凡。というか、切磋琢磨している他の缶チューハイの味わいに比較すると明らかに平均以下。

しかし、そんなことアサヒもわかっているはず。

もしかして、目指したのは安心できる平凡な味??

続きは後ほど。

<概要>

f:id:sakeganomitai:20200407124659j:plain
f:id:sakeganomitai:20200407124713j:plain
樽ハイ倶楽部はアサヒは製造している缶チューハイです。
2020年3月31日発売開始。味はレモンとプレーンの2種類です。

樽ハイ倶楽部は1984年に業務用の樽詰サワーとして誕生しました。
これがヒットし、令和元年には導入飲食店が10万件以上まで積み上がりました。

その定番サワーの缶チューハイバージョンが今回紹介する商品です。

スペックは以下の通りです。

レモン
原材料:ウォッカ、レモン果汁、糖類、炭酸、香料、酸味料
アルコール分:8%
果汁率:1%

プレーン
原材料:ウォッカ、糖類、炭酸、香料、酸味料
アルコール分:8%
果汁率:無果汁

まったく特徴が見えません。レモンの果汁率はわずか1%。レモンペーストやレモン浸漬酒を使用するような工夫もなし。
プレーンに至っては、これってサイダーにアルコールを混ぜただけなのでは?と思うほど拍子抜け。

まったく期待は持てませんが、とりあえず飲んでみます。

<実際に飲んでみました>

まずはレモンから。
予想通りの味。普通のレモンサワー。それしか言いようがない。でもまあまずくはありません。

プレーンに関しては言葉に困ります。想像通りの味。プレーンに関しては美味しくはありません。なにか追加で混ぜないと物足りないです。

にしても平凡。
これが定価100円以下の商品ならわかりますが、350mlで141円と、もぎたて(アサヒ)やストロングゼロ(サントリー)と同価格。
クオリティは圧倒的にもぎたて・ストロングゼロの方が高いです。

しかし、平凡でこれといった特徴がないことはアサヒだったわかっていたことでしょう。
なぜこの商品を世に出したか?
言っておきますが、アサヒの缶チューハイ開発能力は高いです。もぎたて、贅沢搾りなどヒット商品もあります。特徴的な缶チューハイを作り出す力はあります。

おそらく、この商品は居酒屋で出されるサワーをそのまま家で飲みたい人向けの商品だと思われます。であれば、奇をてらう必要はありません。
あるいは、「特許取得○○製法!」「果汁3倍!」などの美味さを競うハイスペック缶チューハイについていくのが疲れた人向け。
「缶チューハイなんてこれぐらの美味さでいいんだよ」的な安心感を求める人向けの商品だと思われます。

提供するのは安心感につながる平凡さ、こういうことだと解釈してます。

<価格は?入手難度は?>

希望小売価格は350mlで141円です。
単に美味い缶チューハイを飲みたいなら、同価格のもぎたてやストロングゼロをおすすめします。そういったエースクラスの缶チューハイについていけない人にはおすすめできるかもしれません。
入手難度は普通のスーパーに売っているので易とします。

<樽ハイ倶楽部のレビューのまとめ>

●もとは業務用のサワー
●何から何まで平凡
●平凡だが、そこが売り?
●入手難度:易

スポンサードリンク





LEMON SOUR SQUADのレビュー EXILEファンじゃなくてもおすすめの味

f:id:sakeganomitai:20200221111420j:plain

LEMON SOUR SQUADを飲んだのでレビューします。

EXILE監修だそうです。なんで?

EXILEは嫌いじゃないですが、特にファンでもないです。

純粋にこの缶チューハイの味がどうなのか気になって買ってみました。

まあ、EXILEの人気にあやかっただけの商品なら値段が高い分、酷評しますが、さて…

おっ、これは意外に本格派。
シンプルだが、高品質。
EXILEとか関係なく美味い。

続きは後ほど。

<概要>

f:id:sakeganomitai:20200221111443j:plain

LEMON SOUR SQUADはLDHと宝酒造の共同開発商品です。
EXILEが監修していますが、製造は当然宝酒造です。

2020年1月1日発売開始。ローソン限定商品です。
発売当初は品切れも起きたそうですが、もう1ヶ月以上たっており、私の近所にあるローソンでは普通に売ってました。

EXILEが結成当初、レモンサワーをよく飲んでおり、ファンの間ではレモンサワーといえばEXILEというのは有名な話だとか。

そんなレモンサワー好きのEXILEが監修したというLEMON SOUR SQUAD。
ファンなら、この缶チューハイを飲みながら、若き日のEXILEメンバーの夢や情熱に思いをはせるのでしょうか。

なお、SQUADとはスラングで一番仲のいいグループ、といった意味合いの言葉です。

スペックは以下の通りです。

原材料:レモン、レモンペースト、レモンエキス、焼酎、糖類、炭酸、香料、酸味料
アルコール分:7%
果汁率:9%

同じく宝酒造が製造している「宝極上レモンサワー丸おろし」に似てますね。
なお、このスペックは以下のとおりです。
原材料:レモン、レモンペースト、レモンスピリッツ、焼酎、糖類、酸味料、香料
果汁:11%
アルコール分:7%

同じじゃないですが、かなり似ているので味もある程度予想は付きます。

なお、宝極上レモンサワー丸おろしは私の中でも最高評価の缶チューハイです。

LEMON SOUR SQUADもかなり期待できます。

では、実際に飲んでみます。

<実際に飲んでみました>

飲んでまず感じるのがレモンの深い香りと味わい。原材料が「レモン、レモンペースト、レモンエキス」のトリプルレモンですからね。まあ当然です。
糖類が入っていますが、甘さは控えめ。個人的にはこれぐらいの甘さがベスト。
炭酸もやや強めかもしれませんが、個人的には過不足ないレベルの強さです。

他に余計な味わいは感じませんが、それはレモンサワーに必要ないから。
もう、これはレモンサワーとしては完璧に近い商品だと思います。

EXILEは関係なしに美味いです。
あと、やっぱり宝極上レモンサワー丸おろしに味は似てます。

<価格は?入手難度は?>

ローソン限定、350mlで税込み220円です。
缶酎ハイとしては高額ですが、値段に見合った価値はあります。
ローソンならどこでも売っているようなので入手難度は易とします。

<LEMON SOUR SQUADのまとめ>

●EXILE監修、ローソン限定の缶チューハイ
●レモンが濃い。
●シンプルだが高品質。
●入手難度:易

スポンサードリンク





こだわりレモンサワー檸檬堂のレビュー レモン味チューハイとしてはトップレベルの味わい

f:id:sakeganomitai:20191216141337j:plain

こだわりレモンサワー檸檬堂を飲んだのでレビューします。
2018年は「りらくす」、「キリンザストロング」、「99.99」などのメジャー缶チューハイブランドが誕生しましたが、2019年はこれと言ったメジャーブランドは誕生しませんでした。
檸檬堂は久々の新ブランドですね。期待が高まります。

檸檬堂は4つの味があるのですが、今回は定番レモンと鬼レモンを購入しました。

飲んでみると

おっ、レモン感十分。甘みも他の缶チューハイに比べては強いかもしれない。
ストロングゼロや氷結のレモンより美味い。
コカコーラ、やるな!

続きは後ほど。

<概要>

f:id:sakeganomitai:20191216141349j:plain

こだわりレモンサワー檸檬堂はコカコーラが販売している缶チューハイです。
コカコーラといえば、コーラをはじめとした清涼飲料のメーカーとして有名ですが、それが缶チューハイ?
そう、檸檬堂は2018年に九州で先行発売、2019年10月に全国で発売開始となったコカコーラ初となるアルコール飲料です。

味は、定番レモン、鬼レモン、塩レモン、はちみつレモンの4種類です。

今回は定番レモンと鬼レモンのみを購入して飲んでみました。

スペックは以下の通りです。

定番レモン
原材料:レモン、果糖ぶどう糖液糖、スピリッツ、食塩/炭酸、香料、酸味料、酸化防止剤(ビタミンC)
アルコール分:5%
果汁率:10%

鬼レモン
原材料:レモン、果糖ぶどう糖液糖、スピリッツ、食塩/炭酸、香料、酸味料、酸化防止剤(ビタミンC)
アルコール分:9%
果汁率:17%

果糖ぶどう糖液糖って、いかにも清涼飲料のメーカーらしいですね。
果汁率はレモンチューハイの中でも高め。特に鬼レモンの17%って、本搾りのレモンですら12%ですから、超高いといってもいいぐらいです。

これはなかなかインパクトの強い味わいが期待されます。

では、実際に飲んでみます。

<実際に飲んでみました>

まずは定番レモンから。
うん、レモン濃い。でも果糖ぶどう糖液糖がそれなりに入っているらしくて、激しい酸っぱさはありません。甘酸っぱくて美味いです。
他は特に気になる点はありません。炭酸も普通ぐらいの強さだと思います。

次に鬼レモン。
予想通り、アルコール、レモン、甘み、どれも定番レモンよりキツい味わいです。
とはいえ、鬼、というほど乱暴さはなく、飲みにくさはないです。

味的には定番レモンの方が上ですが、個人的にはガツンと酔える鬼レモンの方が好みですね。

さて、レモンは缶チューハイの定番中の定番であり、競合する商品はあまたあります。
その中で、檸檬堂はどのぐらい上に来るのか、これはかなり上位に来ます。
値段のことを別にするとストロングゼロや氷結より美味いです。

宝極上レモンサワーと1,2位を争う出来の良さだと思います。

既存のメーカーにとって、巨人コカコーラのこの一撃は脅威になったはず。
今後、キリンやアサヒのようにコカコーラも缶チューハイ市場のメインプレーヤーになってくるかもしれませんね。

<価格は?入手難度は?>

希望小売価格は350mlで150円ですが、私は近所のスーパーで138円で買いました。
価格は氷結やストロングゼロより少し高いですが、味わいを考えれば納得がいきます。
現在のところ、どこのスーパーでも見かけるので入手難度は易とします。

<檸檬堂のまとめ>

●コカコーラ初のアルコール飲料
●レモンが濃い。しかし甘口。
●レモン系缶チューハイでは1,2位を争う出来の良さ
●入手難度:易

スポンサードリンク





濃醇魚沼のレビュー 旨み強いが意外にスッキリ

f:id:sakeganomitai:20191004171617j:plain

濃醇魚沼(旨みたっぷり魚沼)を飲んだのでレビューします。

日本酒の米は削ってなんぼ、精米歩合が低いほど美味い、そして偉い!という風潮がありますが、最近ではあえて精米歩合を高くしたお酒がちょくちょく現れています。

濃醇魚沼のその一つ。
旨みが売りの純米酒ですが、その実力は如何に?

飲んでみると、

なるほど。確かに旨みたっぷり。
同じ日本酒でも大吟醸とは真逆、別の飲み物ですね。

続きは後ほど。

<概要>

f:id:sakeganomitai:20191004171705j:plain

濃醇魚沼は新潟県にある白瀧酒造が製造している日本酒です。
白瀧酒造ではスーパーでもよく見かける人気日本酒「上善如水」の酒造でもあります。

濃醇魚沼は原料米をあまり磨かずに、米本来の旨みを引き出した濃醇な味わいが売りです。

精米歩合の低いお酒のほうが美味くて高級、と考えている人も多いと思います。
逆に精米歩合の高いお酒は味はそこそこ、値段の安い大衆酒、という認識は間違いとは言いませんが、精米歩合の高い低いは差異ではあっても優劣ではありません。

精米歩合の低いお酒は雑味が少なくスッキリとしたお酒に、精米歩合の高いお酒は米の旨みが乗ったどっしりとした味わいのお酒になります。
人それぞれの好みはあってもどちらが上か下か、という関係ではありません。

というものの、実際は精米歩合の低い吟醸酒や大吟醸が人気で、あまり高精米歩合を売りにしたお酒は見かけません。
一般では高精米歩合の酒=安酒なのであえて高精米歩合をアピールするお酒もほとんどありません。

しかし、濃醇魚沼は流行の逆を行く、あえての高精米歩合酒です。

スペックは以下の通りです。

原材料:米・米こうじ・醸造アルコール
精米歩合:80%
アルコール分:16度から17度
日本酒度:+2
酒質:中口

精米歩合80%!
「旨みたっぷり」と銘打っているので味わいはきっとそうなのでしょう。

では実際に飲んでみます。

<実際に飲んでみました>

f:id:sakeganomitai:20191004171646j:plain

おすすめの飲み方としては
冷○
室温○
熱燗◎
とされていますが、純米酒なので冷はないと思い、室温と熱燗で飲みました。

室温で飲んでみると、確かに旨みが強いお酒です。他に甘みは感じますが酸味、雑味などはあまり感じません。
香りは穏やか、後味はやや長めです。

大衆酒筆頭の上撰白鶴あたりと比べると、ややスッキリしている印象はあります。
ただ、さすが精米歩合80%、というインパクトはないですね。

次に熱燗で。
おお、旨み大幅パワーアップです。やっぱこれぐらいのインパクトは欲しいですね。
温めることによるアルコールの棘も感じず、飲みやすいです。大衆酒とはひと味違います。
これは絶対に熱燗で飲むべきお酒ですね。

普段、吟醸系の日本酒しか飲まない人は是非このお酒を飲んでみて欲しいですね。日本酒の見方が変わると思います。

<価格は?入手難度は?>
300mlで534円、720mlで1,152円、1800mlで2,357円となっています。
質を考えるとコスパはいいと思います。

どこのスーパーでも置いてあるので入手難度は易とします。

<濃醇魚沼の特徴のまとめ>

●流行の逆を行く精米歩合80%の純米酒
●旨みは強いが意外にすっきり
●入手難度:易

スポンサードリンク





月桂冠THE SHOTのレビュー

f:id:sakeganomitai:20190612151119j:plain

月桂冠THE SHOTを飲んだのでレビューします。
たまにしか行かない量販店に売ってたので、珍しく思い買ってみました。
大手酒造の日本酒とは思えないおしゃれっぽいネーミングと瓶です。これは若い人に向けて開発したな、とすぐに分かりました。
公式サイトによれば30代から50代をターゲットとしているそうな。若くないけど高齢者が多い日本酒愛好家のなかでは若い年代です。

さて、肝心の味はというと、

うん、見た目に違わず上質。
日本酒としか言えない味だけど、瓶がスタイリッシュだからか、何となく日本酒を飲んでいる感じはない。

面白い商品ではないでしょうか。確かに若い年代の人に受けそう。

続きは後ほど。

<概要>

f:id:sakeganomitai:20190612151357j:plain

月桂冠THE SHOTは月桂冠が製造している日本酒です。2019年3月25日発売開始です。
大吟醸と本醸造の2種類があります。

180mlとワンカップと同程度の容量ですが、ワンカップのような昭和的なダサさはみじんも感じられない、スタイリッシュな瓶、ラベルのデザインです。

ワンカップは蓋を開けたら閉められないので飲みきるしかありませんが、THE SHOTはスクリューキャップなので、飲みたい時に飲みたいだけ飲むことができます。

このように洋酒のショットボトルのようにおしゃれに、キャップを開閉しながら直接飲むスタイル、これをショット飲みと言うらしいのですが、それを日本酒に持ち込んだのが「THE SHOT」とのこと。なるほど、確かにこれまでそういうコンセプトの日本酒はほとんどなかったですね。

それで肝心の味はというと、まずはスペックから。

THE SHOT大吟醸
原材料:米・米こうじ・醸造アルコール
アルコール分:15度から16度
精米歩合:50%

THE SHOT本醸造
原材料:米・米こうじ・醸造アルコール
アルコール分:15度から16度
精米歩合:70%

どちらも添加物を使用していない本格的な日本酒です。

味わいに関しては以下の通りです。
f:id:sakeganomitai:20190612151202j:plain
www.gekkeikan.co.jp

大吟醸の方は中口やや淡麗、本醸造は甘口濃厚です。
とりわけ本醸造はインパクトありそうな味です。期待が高まります。

実際に飲んでみましょう。

<実際に飲んでみました>

f:id:sakeganomitai:20190612151231j:plain

冷蔵をで冷やして飲んでみました。
まずは大吟醸から。
口に含むと綿菓子のようなふんわりした甘さを感じます。
大吟醸らしいフルーティーな風味も感じますが、やや控えめ。獺祭のような派手さはありません。
美味いですが、まあ普通の大吟醸かな、という感想。ただ、瓶のおかげで少し特別感を感じるかも。

次は本醸造。
甘い!確かに甘口です。
ただ、甘いだけでなく、どっしりとした日本酒らしい芳醇な風味があります。
これは結構インパクトが大きいです。
大吟醸と違って、人を選ぶ味だと思います。
とはいえ、瓶がおしゃれなので、そこまで抵抗なく飲めてしまうかも。

違いはありますがどちらの日本酒も上質、少なくとも従来のカップ酒より格上の味わいです。

日本酒はマズい、ダサい、と思い込んでいる若い人には一度飲んでみて欲しいお酒です。

<価格は?入手難度は?>
希望価格は大吟醸も本醸造も250円税別ですが、実際はそれより少し安く販売されています。

お店で普通に売っている商品のはずですが、私の周囲では見かけないので入手難度は易よりの普通とします。

<月桂冠THE SHOTの特徴のまとめ>

●瓶がおしゃれな日本酒
●味わいは上質。本醸造はインパクト大
●入手難度:普通

スポンサードリンク





丸亀製麺の飲み放題はマジで千ベロ、ヤバい!!(大阪信濃橋店)

f:id:sakeganomitai:20190424140327j:plain

丸亀製麺の飲み放題が一部の呑兵衛の間で話題になってますね。
最近では、松屋や吉野屋の一部店舗で夕方から手頃な値段の居酒屋メニューを出すようになっており、丸亀製麺もその流れで実験的に居酒屋っぽいことを始めたのでしょう。

それにしても、千円で30分飲み放題は他にないシステムです。
時間が短い気もしますが、30分間急いで飲めば十分酔っ払える自信はあります。
これはもう行くしかない、と思っていましたが、なにせ実施店舗が少ない。
私の近所の丸亀製麺ではやってません。

全国でも十数店舗しかやってないなか、そのほとんどは東京都にあります。
調べてみると現在唯一、東京以外で実施しているのが大阪の信濃橋店です。
地下鉄本町駅周辺とビジネス街にあって、大阪在住の私ですが個人的にはあまり行かないエリアです。しかし、今回はわざわざ電車に乗って行ってきました。
f:id:sakeganomitai:20190424140342j:plain

www.google.co.jp


時間は夕方5時過ぎ。
店内はあまり客はいません。
券売機とかもないので、お店の人に飲み放題で、と言います。
すると、3種類あるコース(1000円、1100円、1200円)どれにしますか?と聞かれました。
まずは基本?の1000円を頼みます。
また、1000円コースだと、うどんか親子とじのどちらかを選択できますが、酒のつまみにするので親子とじを頼みました。
天ぷらはかき揚げとかしわ天を選びました。
栄養バランスはともかく、この3品でカロリー的には一食分ありそうです。
f:id:sakeganomitai:20190424140655g:plain

しばらくすると親子とじができて席に持ってきてくれたので、ここから30分はじまりです。お店の人がタイマーのスイッチが押しました。
f:id:sakeganomitai:20190424141003g:plain


お酒の種類ですが、ビール、ハイボール、チューハイ、焼酎があります。
f:id:sakeganomitai:20190424140723j:plain
f:id:sakeganomitai:20190424140735j:plain

まずはチューハイで乾杯です。
うーん、美味い。でもストロングじゃなくてアルコール分は5%ぐらいだと思います。

親子とじは味が濃くてよいつまみになります。
天ぷらも美味い。

周りを見渡すと、3人ほど飲み放題を満喫していました。
それほど人のいない店内だったので、客の半分ぐらいは飲み放題でした。

さて、時間がないのでさっさとチューハイを飲み干して、次はハイボール。これもストロングではないですね。
天つゆをたっぷりつけた天ぷらと合わせると最高です。

ハイボールを空けた時点で15分経過。食べる方に時間を使ってしまってペースが遅いです。
f:id:sakeganomitai:20190424141044j:plain

ということで、得意の焼酎へ。
これでがっつり酔っ払いました。

なお、30分経過したら新たに酒を入れることはできませんが、残っている分は飲んでもよいシステムです。
なので、30分前に、再び焼酎水割りをグラス一杯つくっておきました。
ということで30分経っても実質終わりじゃないです。

他の飲み放題の客も、30分で席を立つ人は誰もいません。みんな分かっているようです。

私もロスタイム20分を使って、1時間弱でお店をでました。
チューハイ、ハイボール、焼酎水割り2杯でかなり酔っ払いました。
おつまみも美味かったし、コスパは最強、本物の千ベロがここにありました!

牛丼屋のちょい飲みは微妙だと思いますが、丸亀製麺の飲み放題は心の底からおすすめできます。
近所にあったら何度も行くのになー、今後実施店舗が広がるのを期待したいと思います(でも原価率が高すぎて広がらない気がします)。

スポンサードリンク





ストロングゼロ瞬間レモン・ライムのレビュー 酔い足りないが味は本家より瞬間が上

f:id:sakeganomitai:20190404133400j:plain

ストロングゼロ瞬間レモン・ライムを飲んだのでレビューします。
ストロングゼロはアルコール分9%のストロング系缶チューハイの代表格で、ガツンと酔えることが特徴です。しかし、同じくストロングゼロの名を冠した瞬間レモン・ライムは6%、これではストロング系とは言えません。
一体なぜなのかと発売前からファンの間では話題になっていました。
果たしてそれはストロングゼロなのか、あるいはストロングゼロと呼んでいいのかと。

そんなこと飲めば分かると、早速発売日に買ってきて飲んでみました。

美味い。間違いなく本家ストロングゼロより美味い。
ガツンと酔えませんが、それなりに酔えます。

いうなればアルコール度数は抑えて味を重視したストロングゼロですね。
しかし、それはもうストロングゼロではないような…。

続きは後ほど。

<概要>

f:id:sakeganomitai:20190404133412j:plain

ストロングゼロ瞬間レモン・ライムはサントリーが製造している缶チューハイです。
2019年4月2日発売開始です。
本家ストロングゼロとの違いは何なのか、スペックを比較してみましょう。

瞬間レモンのスペックは以下の通りです。
原材料:レモン、ウオッカ、炭酸、酸味料、香料、酸化防止剤、甘味料
アルコール分:6%
果汁:3%
レモン浸漬酒使用

一方、本家ストロングゼロダブルレモンのスペックは以下の通りです。
原材料:レモン、ウオッカ、炭酸、酸味料、香料、酸化防止剤、甘味料
アルコール分:9%
果汁:3%
レモン浸漬酒使用

あれ?、アルコール分以外は同じです。

何が違うかというと、公式サイトによれば以下の通りです。
●レモン浸漬酒1.2倍
●炭酸ガス圧1.2倍

なるほど。それが味にどう影響するのか興味深いです。

次に瞬間ライムのスペックです。
原材料:ライム、ウオッカ、炭酸、酸味料、香料、酸化防止剤、甘味料
アルコール分:6%
果汁:0.5%
ライム浸漬酒使用

一方、本家ストロングゼロビターライムのスペックは以下の通りです。
ライムピール、ライム、ウオッカ、スピリッツ、酸味料、炭酸、香料、酸化防止剤、甘味料
アルコール分:9%
果汁:表記なし
ライムピール・ライム浸漬酒使用

こちらはちょっと違いますね。
公式サイトにも説明はありませんが、多分ライム浸漬酒の量が多かったり炭酸が強かったりするのでしょう。

では早速飲んでみましょう。

<実際に飲んでみました>

まずはレモンから。
飲んだ瞬間、レモンの風味が口いっぱいに広がります。まさしく瞬間レモンです。
本家のようにアルコールのガツンとした味わいがない分、レモンの風味が際立ちます。
甘さは控えめ。これは個人的には嬉しいです。食事にも合いそうです。
炭酸に関しては、まあ普通に強いです。

味だけなら確実に瞬間のほうが本家より上です。
しかし、ガツンとは酔えません。酔いはゆっくりです。
酔いたい人には本家、味重視の人は瞬間レモンがおすすめと言えるでしょう。
しかし、同じストロングゼロでも、これはもう別のチューハイですね。瞬間はストロングじゃないし。

次はライム。
これも凄いライム感です。ストロングゼロに限らず、私が飲んだライム系缶チューハイのなかで最もライムの風味が強いです。
レモン同様甘さも控えめ、これは逸品。

瞬間レモン・ライムも酔っ払うという面では普通ですが、味に関しては全ての缶チューハイの中でもかなり上位にきます。
缶チューハイファンなら一度は飲んでみるべき商品だと言えるでしょうね。

<価格は?入手難度は?>

希望小売価格は350mlで141円、500mlで191円(税抜き)ですが、実際はミドル缶で100円ちょっとで売っています。ストロングゼロ、氷結などと同じ価格帯です。
現在のところ、どこのスーパーでも見かけるので入手難度は易とします。

<瞬間レモン・ライムのまとめ>

●ストロングゼロよりアルコール分は低いが味は上
●もはやストロングゼロではない?
●入手難度:易

スポンサードリンク