おすすめ日本酒・焼酎を一人語りするブログ

酒好きアラフォーのおっさんが肝臓を犠牲にして書いてるリアルなレビューサイトです。

獺祭を最も安く購入する方法(割引は?送料無料は?)

f:id:sakeganomitai:20171212120620j:plain

現在、最も人気のある日本酒と言える「獺祭」ですが、シリーズすべてが大吟醸クラスのお酒なのでそれなりに値が張ります。 品質を考えればコスパは高いと思うのですが、それでも安く買いたい気持ちは変わりませんよね。

しかし、獺祭が割引価格で販売されることはほとんどありません。 ネット通販だと極少額、数十円程度の割引価格で販売されているケースが稀に見られますが、送料がかかるので結局高くなります。 むしろ、定価以上のプレミア価格で販売しているお店の方が目立ちます。

超人気商品ですし、値下げしなくても売れるなら割引する必要はないですからね。 なので、基本的には獺祭の最安値はほぼ定価、ということになります。

しかし、獺祭をほぼ無料で入手できる方法もありますし、通販なら送料が800円ほどかかりますが、送料が無料の業者もあります。 そのあたりを含めて、獺祭を安く入手できる方法をおすすめ順に紹介していきたいと思います。

1位:ふるさと納税

f:id:sakeganomitai:20171226114015j:plain

ふるさと納税で返礼品に獺祭を用意している自治体がいくつかあります。 実費が2千円で獺祭が入手できるので、購入する前に一度検討してみてはどうでしょうか。

例えば、山口県柳井市だと10万円ふるさと納税すると、なんと最高級品の「獺祭 その先へ」が貰えます!(ただし、年収700万円程度は必要) 他にも福岡県苅田町などでも返礼品に獺祭を用意しています。 ただし、品切れ中の場合や、年ごとに内容が変更になる可能性もあります。

当然、収入があって、所得税・住民税を払っている人しかふるさと納税は利用できません。 とはいえ、ハードルは高くありません。獺祭を入手しようとなると最低でも年収200万円ぐらい必要になります。

獺祭をふるさと納税で入手することに関してはこちらの記事に詳しく書いています。 www.sakeganomitai.com

2位:獺祭正規取扱店

獺祭は超人気の日本酒ですが、越乃寒梅や久保田と違って、どこのリカーショップでも販売しているお酒ではありません。 基本的には獺祭正規取扱店でしか販売されていません。

後に説明しますが、通販だと簡単に購入できるものの、送料がかかってくる場合があるので、当然実店舗で購入したほうが安上がりです。

獺祭は卸し業者を挟まないで、小売店(獺祭正規取扱店)と直接取り引きしています。 獺祭正規取扱店以外のお店でも販売していることがありますが、その商品は正規のルートではないところから流れてきたものです。 そういう店ではプレミア価格で販売しているケースがほとんどです。

一方、獺祭正規取扱店ですが、常に定価販売です。プレミア価格で販売することはありません。 また、正規取扱店だと冷蔵保存などの適切な管理がなされているはずなので、品質も安心です。

獺祭正規取扱店は全国に約630店舗あります。 全国まんべんなくではなく、東京や大阪には集中していますが、秋田県や三重県など1店舗もない地域も存在します。 残念ながら、近所に獺祭正規取扱店がない場合は通販での購入をおすすめします。

なお、獺祭を定価で購入することについてはこちらの記事にも書いています。 www.sakeganomitai.com

2位:AmazonでAmazon自身が出品者の獺祭

f:id:sakeganomitai:20180205141146j:plain

獺祭は通販なら簡単に購入できますが、通販だと送料がかかってしまうのが難点です。 しかし、Amazonに出品されている獺祭だと送料無料の場合があります。 出品者がAmazon自身で、金額が2千円以上の獺祭ならば、原則として送料がかかりません。 (補足:AmazonではAmazonが販売している商品と、Amazonを間借りして(マーケットプレイス)販売している他のお店があります。) 獺祭シリーズの大半は2千円以上ですし、2千円以下の商品でも2千円以上になるようにまとめ買いすれば送料無料になります。

出品者がAmazonではなく、他のお店なら、大概は送料が800円ほどかかります。

なので、通販で獺祭を購入するなら、Amazonが出品している商品を購入したほうがお得です。 また、Amazonが出品者の獺祭はほとんどが定価で、プレミア価格をつけてるケースは私が見た限りないです。

4位:獺祭WEBストア

獺祭の旭酒造が運営しているネットショップです。 当然すべて定価販売です。 メーカー直営なので品質面でも安心して購入できますよね。 ただし、やはり送料はかかってしまいます。 北海道・沖縄は1,242円で、その他の地域は756円です。

獺祭WEBストアが送料無料なら、おすすめ度No.1だったのですが、仕方ないですね。 でもせめて2万円以上は送料無料にするとか、の営業努力があればいいなと思います。
獺祭Store WEB店

5位:楽天

楽天でも多くのお店が獺祭を出品しています。 年末年始以外だとほとんどのお店が定価販売です。 ただ、Amazonのように2千円以上送料無料というわけには行きません。 ほとんどのお店で送料はかかりますが、1万5千円以上とか2万円以上だと送料無料のお店もあります。 楽天だと楽天ポイントがつくので、楽天ユーザーなら場合によってはAmazonよりお得になる場合もあるでしょう。

6位:それ以外のネット通販

獺祭WEBストア、Amazon、楽天以外でも獺祭を販売しているネットショップは多数存在します。 最も有名なのは「佐野屋」です。 獺祭のネット売上日本一だそうです。 また、ネット通販業者ですが、獺祭正規取扱店なので安心できます。 送料は2万円以上は無料となります。 楽天ポイントがつかない分、順位は楽天より下にしました。
その他、
●矢島酒店(正規取扱店、2万円以上送料無料)
●銘酒市川(正規取扱店、1.8万円以上送料無料)
●酒工房酒楽(正規取扱店、1.8万円以上送料無料)
●井上屋(正規取扱店、1.3万円以上送料無料)
●酒の神田屋(正規取扱店、1.5万円以上送料無料)
●大和屋酒舗(正規取扱店、送料あり)
も正規取扱店なので安心して購入できると思います。

7位:獺祭正規取扱店以外のお店(非正規店)

f:id:sakeganomitai:20171221112842j:plain

獺祭正規取扱店以外のお店でも獺祭を販売していることがあります。 私の家の近所だけでも3箇所あるので、全国的に見たら獺祭正規取扱店より数は多いと思われます。 入手しやすいのはメリットですが、デメリットもあります。
●プレミア価格
非正規店の場合、プレミア価格がついていることが多いです。メーカーの旭酒造はプレミア価格での購入を控えるように新聞広告を出したこともあります。

●品質管理に疑問
非正規の流通ルートで入荷しているはずなので、その間に適切な品質管理がなされていたのか疑問が残ります。

●ほぼ獺祭50しかない
私がこれまで見た非正規店の獺祭はほぼ720mlの獺祭純米大吟醸50でした。獺祭磨き三割九分(先日、置いている店を見かけました。プレミア価格でした)や、獺祭等外など他の商品は見たことがありません。

以上のことから、非正規店で獺祭を入手する方法は一番おすすめしません。

<まとめ>

獺祭を安く入手したければ、まずはふるさと納税を考えてみるべきですが、そうじゃなくて普通に購入するのであれば獺祭正規取扱店かAmazonで購入するのが最もおすすめです。

ところで、非正規系で購入するなら年末年始は避けたほうがいいです。 日本酒の需要が最も高まるのが年末年始です。 獺祭も品薄がちになり、非正規系ネットショップや非正規店では価格が高騰します。 獺祭50が7000円など、倍以上の価格で販売されるケースもあります。 正規取扱店だといつでも定価販売なので安心ですが、どうしても非正規店で購入するなら年末年始は避けたほうが無難です。

スポンサードリンク

?